ドレスの装いについて
ドレスならおしゃれ上級者!

ピアノの発表会でドレスを着ることについて

私は小さい頃からピアノを習っていたので、ピアノの発表会にはドレスを着てピアノを弾く人が多かったです。私自身はいつも制服などでピアノを弾くことが多かったので、きちんとしたドレスを着ることはありませんでした。私の先生は、いつもきれいなドレスを着て、ピアノの発表会で最後にピアノの演奏をしていました。先生の着るドレスは、腕のラインや首のラインなどがきれいに見えるドレスで、色も黒などシックなかっこいいドレスだったので、セクシーでしたしより美しく見えるようなドレスでした。私はドレスの似合うような体型ではなかったので、ドレスを着ることに憧れがありました。私の友達も発表会にはふりふりのかわいいドレスを着てピアノの演奏をしていました。発表会だといっても、色々な人の前でピアノの演奏をするわけですし、色々な人が見にくるのでドレスを着て着飾って演奏をすることはいいことだと思いますし、よりピアの演奏が上手に聴こえること思います。

ドレスには見た目を着飾る力があるので、発表会やパーティーなどに着ることで、自分をよりかわいく見せることもできますし、見た目を着飾ることで上品にもなり自信もつくと思います。ドレスは普段着ることがないものですから、何か特別な雰囲気があると思います。ピアノの発表会以外にも、私の通っていた専門学校の卒業式などにドレスで出席した人もいました。やはり何か特別なときにしかドレスを着ることはできませんので、このような特別な席でドレスを着ることはいいことだと思います。女の人は自分をかわいく見せることが好きですし、誰しもお姫様願望を持っていると思うので、ドレスを着ることに憧れがあると思います。私は結婚式でドレスを着ることができましたが、やはりドレスを着ると自分にも自信がつきましたし滅多に着ることができないので嬉しかったです。

ドレスは男の人にはきることができないので、ドレスを着ることができるのは女の人の特権だと思います。ドレスを着たり、スカートをはいたり、オシャレに幅のある女の子に生まれてよかったと思います。オシャレをより楽しむことができますし、髪も自由にアレンジできます。男に人はおしゃれに関しては、どうしても狭い範囲のオシャレしかできないのでかわいそうだと思います。ドレスを着ることができたのでいい思い出になりましたし、ピアノの発表会を見にいくと、今でもやはりドレスを嬉しそうに来ている人を見かけます。